So-net無料ブログ作成
検索選択

アマゾンの大口と小口について直接電話してみたよ^^


前回からずいぶん経ってしまいましたが

記事が一つのブログにアクセスがポツポツあり
皆さんの関心がうかがえます(;゜0゜)

つたない経験ですが、
何かの役に立てればうれしいです^^


それと今現時点(2012/01/20)では
1ケ月無料キャンペーンやってるみたいなんで
大口アカウントつくっても、アカウント画面の中から
変更かけとけば4900円は、払わなくてもよいかもですが

確認はとってませんので、あくまで経験談ということで
参考にされてください


それじゃ、こないだの続きいきますよ~


いきなりの金額請求(-4900円)に驚き
直接電話してみまることにしました

うん、話せばわかるよ、きっと、ウンウン

4900円払わずに小口への切り替えは可能か
また、そもそも
なぜ申し込みのときに選択項目がないのか
直接聞いてみました


結局30分ほど話したのですが
かいつまんで書きますね


アマゾンサポート
お昼間はやっぱ電話は・・・でません・・・

でも、もうこういうのは慣れっこなので
スピーカーに切り替えてコールし続け待ちます
10分ぐらい鳴らしました

フリーダイヤルですしね、しかたないかも
・・・・・・・

ようやくつながりました

おの~・・・(汗)

ちょっとすまなさげに、切り出してみました

私の場合は、高圧的な態度はよほどのことがない限りとりません
いくとしても最後です、

一般常識的に、というのもありますが
コチラに良い条件を引き出すためには
ただ、文句をつけてもダメなんですね

だいたい大声で怒鳴る人はサポートは慣れてるはず。
なんせ電話ですし、ボリューム絞るか
受話器から距離はなせばなんてことないです


逆に笑いながら怒るというほうのが、相手を威圧しますね(笑)




早速相談

「アマゾンで出品したくて
出品用のカウント作ったんですが
小口で申し込みたかったんですが
大口になってるんですよ~」

と私・・・

以下
と→ともまる
ア→アマゾンサポートです

ア「少々お待ちください、アカウント確認いたしますね・・・
確かに大口で登録されてますね」

と「大口から小口へ変更できますか」

ア「はい、可能でございますよ、アカウント画面内に
切り替えの項目がございます」

と「それは確認したのですが、
これだと切り替えまでのタイムラグの間に
手数料はかかりますよね」

ア「そうなります」

と「申し込みの工程の中では一度も小口か大口か
聞かれなかったんですが、そういう仕様なのですか」

ア「お客様はどちらから登録画面をお開かれましたか

と「それが小口登録窓口からはいったら
商品登録を促されたので・・・
いろいろ見ているうちに登録画面になったので
正確にはわからないのですが・・・」

ア「お客様は大口の申し込み窓口から入られていますので
その時点で大口希望となっておりまして
登録作業中には確認工程はありません」


と「え、そうなんですか(@o@)」

ア「また小口アカウント作成の場合は
最低でも1商品の出品作業が必要になります」

と「え、え、そうなんですか(゜〇゜;)」


なんとも釈然としない・・・

登録作業工程に、
ちょっとは、断りの文言や
確認のクリックがあっても良い気はするのだが

要は、小口出品のアカウントを作るためには
出品が先になるため、
小口アカウントだけを先に作ることができない

アカウントだけを先に作成するのは、
大口でしかできないのである

繰り返すが、小口のアカウントを
作成しようとすると出品を促されるので

いやいや、出品はまだなんだよ、
アカウントを先に作りたいの、

と思い、いろいろまわっているうちに
大口の窓口から入ってしまっていた、
ということになのだった


当然、大口アカウントなので、ログインした時点で
手数料計上されているこのになる

おそらく、利用規約の中にあったのかもしれないが
これだけ、広まってるサービスなのだからと全文目はとおさなかった

ってか普通みないだろ

小口登録はアマゾントップページ下部の
アマゾンでビジネスの出品サービス

出品サービスページの小口出品の
オンライン登録へ」ここから行わなければならない

隣にある大口出品のほうから登録すると
当然大口アカウントになるわけだが

気をつけないといけないのは
このページ以外にも
アカウント作成のリンク「入り口」は何箇所かある

そして、そちらからアカウントを作成すると

確認はしていないが、おそらく
すべて大口アカウント作成の入り口から
はいったことになってしますようなのだ

アマゾン曰く、入口を選択しているのが
お客様で入力もお客さまである以上
了承いただいていると判断し
作成工程では再度確認しないということらしい

確かに、理屈はわかるけど・・・
あんまりじゃないの??ってことで
もうちょっと食い下がってみましたよ^^

次回につづく・・・

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © アマゾンを使ってせどりに挑戦♪らくちんお小遣い稼ぎ! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。